ミノキシジルの副作用

ミノキシジルを塗布・服用するにあたって注意点があります。

それは「副作用が起こる」可能性があるということです。

副作用が起こった場合、プロペシアの副作用よりも強いと言われています。

プロペシアはごくわずかな人が副作用を感じますが、用法を守ったとしてもミノキシジルによる副作用の症例は少なくないようです。

では、ミノキシジルによってどのような副作用があるかを紹介します。

  • 低血圧になる
  • 頭皮にかゆみを感じる
  • 眠気が起こる
  • 頭が痛くなる
  • 性欲がなくなる
  • 体重が増える
  • 動悸
  • 浮腫み
  • 胸が痛くなる

上記のような副作用が、現在では報告されています。

塗布するタイプの外用薬より、飲むタイプの内服薬のほうが副作用の可能性は高いそうです。しかし、内服タイプのほうが育毛の効果は高まるのも事実です。

上記の副作用の項目の中で多く見られているのは頭皮のかゆみです。
頭皮にかゆみを感じるのは血流が良くなったことが原因ではないかと言われています。

さらに、かゆみに加えフケ炎症なども起こる可能性があるようです。

また、低血圧になるということも多いようです。
特に日頃の血圧が正常値にある方・元々低血圧の方に起こりやすいそうです。

血圧に関して不安なことがある場合、ミノキシジルの自己管理による使用は控えたほうが良いでしょう。

個人輸入して自己管理でミノキシジルを使用している場合も副作用が多く見られています。もし、病院で処方されていないミノキシジルを使用していたとしても、副作用が現れた場合は医師に相談して指示を受けるようにしましょう。